マン・マシン・コラボレーションに対応した次世代ビジネスアプリケーション

イベント・ドリブン型、リアルタイム・コラボレーションシステムの
高速アプリケーション開発プラットフォーム

VANTIQアプリケーションが実現するもの

イベント・ドリブン

新世代のデジタル・アプリケーションは、モバイル・デバイス、IoTセンサー、エンタープライズ・システム、および人が生成するビジネス「イベント」のデータを取り扱う必要があります。

ガートナーは、2020年までにユーザが触れるアプリケーションの50%がイベント・ドリブン型になると予測しています。

VANTIQプラットフォームは、強力なイベント・ドリブン型アプリケーションの迅速な開発をサポートし、開発者をそのような設計における本質的な複雑さから解放します。市場投入までの時間を大幅に短縮し、開発および保守コストを幅に削減し、ダイナミックな市場ニーズに対応することで最大の機敏性や柔軟性を確保できます。

VANTIQアプリケーションが可能にするもの

リアルタイム、人とコンピュータのコラボレーション

ほとんどの複雑なビジネスシステムでは、重要な成果を達成するために人間の直感と経験が求められます。VANTIQは、人々とコンピュータの間でリアルタイムに共同作業を行うアプリケーション開発を大幅に簡素化します。

VANTIQで構築されたイベント・ドリブン型アプリケーションにおけるコラボレーションは、状況を理解し、時系列的な処理をし、関連性を判断することが必要です。アプリケーションは、適切な人に適切なタイミングで適切な情報を提供する必要があります。望ましい結果が得られるよう推奨案を提示します。人間とコンピュータの連携はダイナミックであり、リアルタイムのイベント・データフローに基づいて絶えず変化する状況を把握することが求められます。

VANTIQ開発プラットフォーム

高生産性

VANTIQは、開発から運用までライフサイクル全体管理する、高生産性のアプリケーション・プラットフォームです。共通したビジネスや技術概念を論理的に抽象化し、ビジュアルな開発手法を採用したことで、従来の開発手法と比べて開発の複雑さを少なくとも1桁低減します。

開発したアプリケーションは、クラウド、オンプレ、エッジノード、モバイル端末などに展開できます。しかも、素早く開発でき、導入が容易で、容易に管理できます。システムを停止せずに都度更新できるので、最高の機敏性と柔軟性が得られます。

VANTIQの利用シーン

コラボレーション、イベント・ドリブン型アプリケーションは次のようなシーンで利用できます

フィールドサービス

機器、専門知識、場所に基づいて、適切なサービス技術者を作業に割り当て、適切な修理を行うためのコラボレーション

輸送

リアルタイムの位置追跡と商業輸送システムに関わる人や機器の最適なスケジューリング

小売業

店舗内のデータの流れを動的かつ状況に応じて監視し、販売員が顧客のショッピング体験を最適化できるようにします。

サプライチェーン

サプライチェーンにおける IoTセンサーのデータに関連情報を付加することで、マネージャに特定のアカウントのニーズを満たすためリアルタイムに推奨事項を提供できます。

製造業

ロボットと人は、短い生産工程でオペレータの経験とコンピュータのガイダンスの基づきカスタム製品を共同で作成します。

農業

食品製造業者は、水や肥料の用途を調整し、収穫方法を最適化するために、ドローンとセンサーから送られるデータを継続的に検査します。

医療

医師、看護師、機器とのリアルタイム・コラボレーションで、患者のバイタルサインを監視し、最も効果的でタイムリーな治療を行います。

インフラ

定期的なメンテナンス手順の中で、作業員にインテリジェントな指示を提供することで水処理プラント内の機械の状態をリアルタイムに評価します。

金融

財務および運用リスク管理、および貸付および保険証券の電子的取引を処理するための金融のデータストリームを、人が監視します。

VANTIQを使用すると、革新的かつ強力なアプリケーションを、
これまで考えていたよりも迅速かつ簡単に作成できます。

データシート VANTIQアプリケーション・プラットフォーム・データシート

VANTIQは、ビジネスロジックを付加された最新のデジタル・テクノロジを使って、ソフトウエア・アプリケーションを迅速に開発できます。

ダウンロード

ホワイトペーパー リアルタイム・コラボレーション・システム

本ホワイトペーパーは、システムと人の間のリアルタイムな相互コミニュケーションを実現する新たな方法について説明します。

ダウンロード

ホワイトペーパー リアルタイム・アプリケーションの分散化と連携

本資料は、リアルタイム・ビジネス・アプリケーションの分散化と、リアルタイム・ビジネス・アプリケーションをクラウド、オンプレ、ネットワーク・エッジに分散配置しなければならない理由について説明します。

ダウンロード