主な機能

確実に成功するため、VANTIQソフトウエア開発プラットフォームは、リアルタイム・アプリケーションの開発の複雑性を隠し、生産性を劇的に高めます。

VANTIQリアルタイム・アプリケーションは
分散アーキテクチャ

アプリケーションは、ソフトウエアを実行するコンピューティング・ノードとは独立して、VANTIQプラットフォーム上で定義します。

リアルタイム・アプリケーションは、必要な性能、信頼性、セキュリティ、運用コストを実現するために、データ源に近いところでビジネス・ロジックを実行することができます。

VANTIQプラットフォームは、アプリケーションの論理定義を物理的な配置から分離することにより、アプリケーションの設計を大幅に簡略化します。

VANTIQプラットフォームには、リアルタイム・アプリケーションを、まるで単独のシステム上で実行するように定義することができるクラウド型のアプリケーション開発環境です。VANTIQのパーティッショニング機能を使って、アプリケーションの一部を、エッジに至るまでの全ての分散システム上で実行されるVANTIQノード上に自動的に配置します。

VANTIQリアルタイム・アプリケーションは 人とマシンのコラボレーション

VANTIQアプリケーションは、システムと人のコミュニケーションをインテリジェントに自動化します。

多くの分野が完全に自動化できたとしても、人による制御は必ず残ります。人とのコラボレーションには、モバイル端末の利用がベストな方法です。VANTIQは、モバイル・コラボレーション機能の開発を大幅に簡素化します。

VANTIQで開発したリアルタイム・アプリケーションのコラボレーション機能は、文脈、時間、関連性を理解できます。リアルタイム・アプリケーションは、適切な情報を適切な人に適切な時に提供します。望ましい結果が得られるように、優先度付きのリコメンデーションを提供します。ワークフローのように固定的な業務フローではなく、その時点での状況変化や重要度に応じて人とマシンがコラボレーションします。

VANTIQ は「リアクティブ」を備えています

リアクティブ・プログラミングのイベント・ドリブン型の特徴は、リアルタイム・アプリケーションにとり理想的なプラットフォームです。

しかし、低水準なリアクティグ・プログラムの開発は複雑です。VANTIQソフトウエア開発プラットフォームは、2つの方法でリアクティブを使ったリアルタイム・アプリケーション開発作業を劇的に簡単にしています。まず、VANTIQアーキテクチャの中核は、全てリアクティブ・プラットフォームとして設計されています。つまり、初めから非同期、メッセージベース、位置透過的になっています。次に、VANTIQの高水準なツールは、リアクティブ・プログラミングの開発に伴う複雑性を排除します。

VANTIQリアルタイム・アプリケーションは
マイクロサービス型

VANTIQのアプリケーションは、サービスとして利用したり、他のサービスを呼び出すことのできるマイクロサービスに基づいて作られます。

VANTIQで開発したアプリケーションは、分析やアクションを実行するための現在の状態モデルを構築、維持するために、外部サービスからのデータを利用することができます。サービス状態の変化に応じて、アプリケーションの動作や推奨事項を変更できます。例えば、気象予測が変化すれば生産スケジュールも変化します。VANTIQアプリケーションの機能は、RESTful APIを通して他のアプリケーションに組み込むことができます。

VANTIQリアルタイム・アプリケーションは管理が容易

VANTIQで開発されたアプリケーションは、リアルタイムに監視、制御ができます。

VANTIQプラットフォームは、数百、数千のノードが有る場合でも、分散アプリケーションの物理的な運用と管理を劇的に簡単にします。実行時には、全てのVANTIQノードが一つのアプリケーションの様に協調して稼働し、望ましい機能を実行するための検知、分析、動作を行います。

クラウド型のVANTIQ運用コンソールから、システムを監視、管理することができます。そこでは、ダッシュボードがリアルタイムにサービスレベルを監視します。VANTIQノードは、スター型、ツリー型、一般的なピア・ツー・ピア型など、任意のネットワーク・トポロジーを作成することができます。実行時でも、必要に応じてネットワーク・トポロジーを変更することができます。

VANTIQアプリケーションは常にアジャイル

VANTIQは、システムの稼働中にダイナミックに変更することができます。

リアルタイム・アプリケーションは、新しい状況やアクションをいつでも定義できるように動的に変更可能でなければなりません。 VANTIQでは、すべてのアプリケーション・リソースが実行時に変更可能です。 デバイス、データソース、ビジネス・ルール、分析モデル、コラボレーション、推奨事項、ユーザー・インターフェイス、外部サービス、マイクロサービス、ネットワーク・トポロジは、ダウンタイムなしでいつでも変更可能です。 この前例のない俊敏性により、VANTIQのお客様は、継続的かつ加速的なビジネスの変化に対応するために、アプリケーションを進化させることができます。

事例紹介

コンプライアンス管理

「コンプライアンス違反」に対するコラボレーションは、契約遵守の対策を速め、政府の罰金や監査を削減することができます。

詳細

インダストリ IoT

「将来の工場」のスマートシステムは、意思決定を自動化し、仕掛品や在庫の管理コストを削減します。

詳細

Eコマース

ターゲットに対するリコメンデーションによる正確な検索結果は、オンライン顧客の関心をつなぎとめることができます。

詳細

データシート VANTIQアプリケーション・プラットフォーム・データシート

VANTIQは、ビジネスロジックを付加された最新のデジタル・テクノロジを使って、ソフトウエア・アプリケーションを迅速に開発できます。

ダウンロード

ホワイトペーパー リアルタイム・コラボレーション・システム

本ホワイトペーパーは、システムと人の間のリアルタイムな相互コミニュケーションを実現する新たな方法について説明します。

ダウンロード

ホワイトペーパー リアルタイム・アプリケーションの分散化と連携

本資料は、リアルタイム・ビジネス・アプリケーションの分散化と、リアルタイム・ビジネス・アプリケーションをクラウド、オンプレ、ネットワーク・エッジに分散配置しなければならない理由について説明します。

ダウンロード