第38回CSAジャパン勉強会「IoT環境を支えるイベント・ドリブン・アーキテクチャ(EDA)とそのセキュリティ」において、柳原孝志が講演しました。

2017年12月12日に行われた日本クラウドセキュリティアライアンスのCSA勉強会において、柳原孝志が講演しました。

IoT環境を構築するためには、様々なソリューションやコンポーネントを組み合わせる必要があります。IoTデバイスからのデータ転送、IoTデバイスへのコマンドの発信、データのクラウド上での保存・解析、解析結果に基づくアクションの設定、メッセージの送付、必要に応じてリアルタイムでの処理、高速・大量処理のための拡張性、イベント処理の最適化などが必要になります。これらを一つ一つ組み上げていくことは非常に困難でリスクを伴います。特に、信頼できるIoTソリューション構築のためにセキュリティ対策は重要な課題となります。この解決策として、これらの要件を予め組み込んだIoTアプリケーション開発のプラットフォーム化が一つの有効な手段になると考えられます。
この勉強会では、この要求に対応するためのEDA開発プラットフォームである「VANTIQ」を用いて、その機能、および、プラットフォームとしてのセキュリティ上の優位性・対策について説明しました。

詳細につきましてはこちらを参照してください。

また、本講演の資料は、こちらからダウンロードできます。

事例紹介

コンプライアンス管理

「コンプライアンス違反」に対するコラボレーションは、契約遵守の対策を速め、政府の罰金や監査を削減することができます。

詳細

インダストリ IoT

「将来の工場」のスマートシステムは、意思決定を自動化し、仕掛品や在庫の管理コストを削減します。

詳細

Eコマース

ターゲットに対するリコメンデーションによる正確な検索結果は、オンライン顧客の関心をつなぎとめることができます。

詳細