週刊BCNで、VANTIQの取材記事が紹介されました。

週刊BCN 2018年01月29日vol.1712「IoT時代のシステム革新をねらう」で、以下のようにVANTIQが紹介されました。

米シリコンバレーのスタートアップ企業でIoT時代に対応した開発基盤をもつ米VANTIQ(バンティック、マーティン・スプリンゼンCEO)が、昨年8月に日本市場に参入した。同社は、調査会社ガートナーが提唱する「イベント・ドリブン型」のアプリケーション開発に必要な基盤提供で先行する注目ベンダーだ。日本では、レジェンド・アプリケーションズ(久保努社長)が販売などを手がける。米VANTIQ幹部の来日を機に取材した。

記事の詳細につきましては、こちらを参照してください。

主な資料
データシート
VANTIQアプリケーション・プラットフォーム・ データシート
リアルタイム、イベントドリブン型アプリケーションを構築するためのVANTIQプラットフォームのハイレベル技術概要
ホワイトペーパー
リアルタイム・コラボレーション・システム
このホワイトペーパーでは、リアルタイムコラボレーションの事例を紹介します。そして、それがなぜまさに起きようとしているかについて説明します。

VANTIQについて