VANTIQアプリケーション・プラットフォーム

機能検知、分析、アクション

VANTIQアプリケーション・プラットフォームにより、既存のシステムや人からのデータを含めたあらゆるデータストリームによって稼働するリアルタイム・ビジネス・アプリケーションを、迅速に開発、展開、実行することができます。

VANTIQで構築されたリアルタイム・ビジネス・アプリケーションは、次々と誕生する最新技術を活用し、リアルタイムに何が起こっているかを検知、分析、アクションを起こすことが可能で、即ビジネスの結果に結びつけることができます。

世界を検知し

VANTIQで構築されたリアルタイム・アプリケーションは、複数のデータストリームや>イベントを取り込み、現実世界を常に正しく把握することができます。

リアルタイムセンサーからの新しい計測データ、モバイル端末からのリクエスト、既存システムの変更など、周囲で発生するデータ・ストリームをアプリケーションの検知ステージに継続して取り込みます。また、このステージでは、外部データを変換し集約してシステム内のイベントを作成し、現在の周囲の内部状態を保持します。

世界を分析し

分析ステージでは、問題を解決したり好機を生かすために直ちに必要な状況を特定します。

検知ステージは情報を提供しますが、何が重要なのかを教えてくれません。分析ステージは、ビジネスルール、外部サービス、機械学習のモデルを使って周囲の変化を常時分析します。問題となった状況は、次のアクション・ステージで解決します。

世界でアクション

リアルタイム・アプリケーションは、望ましい結果を得るため、可能な場合には自動応答を、必要な状況ではコラボレーションを利用します。

A注目すべき状況が生じた時、アクション・ステージはシステムがどう応答するかをスマートに管理します。VANTIQで構築されたアプリケーションは、自動応答とコラボレーションの2つのアクションをサポートしています。自動応答には、アプリケーションで直接応答する場合と個別のシステムに転送されて処理される場合があります。コラボレーションにより、システムと責任者がインテリジェントに対話しながら状況に対応します。

Tメリット: ビジネスの俊敏性を向上

VANTIQプラットフォームは、リアルタイム・アプリケーションの複雑さを隠すことで、価値の創出時間を大幅に短縮し、俊敏性を高めます。これにより、開発者はインフラを意識せずにビジネス価値を提供することに注力することができます。

VANTIQプラットフォームが、如何に最新ソフトウエア・アプリケーションの複雑さを隠し、生産性を劇的に向上できるかに関しては、こちらをご参照ください。

詳細

事例紹介

コンプライアンス管理

「コンプライアンス違反」に対するコラボレーションは、契約遵守の対策を速め、政府の罰金や監査を削減することができます。

詳細

インダストリ IoT

「将来の工場」のスマートシステムは、意思決定を自動化し、仕掛品や在庫の管理コストを削減します。

詳細

Eコマース

ターゲットに対するリコメンデーションによる正確な検索結果は、オンライン顧客の関心をつなぎとめることができます。

詳細

データシート VANTIQアプリケーション・プラットフォーム・データシート

VANTIQは、ビジネスロジックを付加された最新のデジタル・テクノロジを使って、ソフトウエア・アプリケーションを迅速に開発できます。

ダウンロード

ホワイトペーパー リアルタイム・コラボレーション・システム

本ホワイトペーパーは、システムと人の間のリアルタイムな相互コミニュケーションを実現する新たな方法について説明します。

ダウンロード

ホワイトペーパー リアルタイム・アプリケーションの分散化と連携

本資料は、リアルタイム・ビジネス・アプリケーションの分散化と、リアルタイム・ビジネス・アプリケーションをクラウド、オンプレ、ネットワーク・エッジに分散配置しなければならない理由について説明します。

ダウンロード