VANTIQプラットフォームの主な機能

VANTIQが提供する機能検知、分析、実行

VANTIQプラットフォームを使い、企業はIoT、モバイル端末、レガシーシステムや人など様々なストリーミングデータを取り込み、リアルタイム、イベント・ドリブン型アプリケーションを迅速に開発、展開し実行することができます。

VANTIQで開発したアプリケーションは、企業が迅速にデジタル変革を実現するため、リアルタイムに発生している状況を 検知、分析、実行 します。

世界を検知

VANTIQで開発したアプリケーションは複数のストリーミングデータやイベントを取り込み、現実社会の状況を常に正確に把握します。

検知フェーズでは、リアルタイムセンサー、モバイル端末からの要求、レガシーシステムの更新など周囲の環境からストリーミングデータを取り込みます。外部データを取り込み、変換や集約し内部イベントを生成し、常に外部環境と同じ状態に保ちます。

世界を分析

分析フェーズでは、直ちに問題を解決し機会を捉えアクションを起こすことが必要な状況を特定します。

検知フェーズで情報を取得しますが、何が重要なのか分かりません。分析フェーズでは、ビジネスルール、外部サービス、機械学習モデルなどを使い常時環境変化を分析し、重要な状況を特定します。これは、次の実行フェーズで利用されます。

そして、実行

イベント・ドリブン型アプリケーションは、ビジネスの目的を実現するために、可能な場合は自動処理し、必要な場合はコラボレーションを使ってアクションを行います。

実行フェーズでは、重要な状況が発生した時に如何に対応するかを判断します。VANTIQで開発したアプリケーションは、自動処理とコラボレーションの2つのモードをサポートしています。自動処理は、アプリケーションで直接処理する場合もありますが、多くの場合専用システムに転送してアクションを起こします。コラボレーションは、システムと関連スタッフが相互に情報を提供しながらコラボレーションできます。

導入効果:
ビジネスのアジリティを高めます

VANTIQプラットフォームはイベント・ドリブン型アプリケーションの複雑さを排除するので、開発者はインフラではなくリアルタイムのビジネスロジックに注力できます。企業は市場参入期間を大幅に短縮し、企業のアジリティを高めることができます。

主な資料
データシート
VANTIQアプリケーション・プラットフォーム・ データシート
リアルタイム、イベントドリブン型アプリケーションを構築するためのVANTIQプラットフォームのハイレベル技術概要
ホワイトペーパー
リアルタイム・コラボレーション・システム
このホワイトペーパーでは、リアルタイムコラボレーションの事例を紹介します。そして、それがなぜまさに起きようとしているかについて説明します。

VANTIQについて