VANTIQは2018年Gartnerのアプリケーション設計・開発部門のクールベンダーに認定

2018年5月17日 サンフランシスコ    イベント・ドリブン、リアルタイムアプリケーショの高生産性プラットフォームプロバイダーのVANTIQは、Garterのアプリケーション設計・開発部門のクールベンダー[1] に選ばれました。報告書では、「将来性あるモバイルとアプリケーションでアプリケーション戦略のためにアプリケーション責任者が見るべきのイノベーティブな新興ベンダー3社」を紹介しています。

 

Gartnerは次のようにコメントしています。「ほとんどのビジネスアプリケーションは、非効率なプル、リクエスト・ドリブン型のアプリケーションです。VANTIQが提供するようなイベント・ドリブン型に転換することで、企業は情報が利用可能な時に社員にプロアクティブに情報を提供できます。」

VANTIQのCEO Marty Sprinzenは次のように話しています。「VANTIQのビジョンは、デジタルビジネスの成功にとって重要な最新のアプリケーションを、企業が設計、開発、管理することを可能にすることです。GartnerがVANTIQをクールベンダーとして認定したことは、我々のビジョンとプラットフォームが提供するメリットを前向きに評価したものだと考えます。我々は、デジタルトランスフォーメーションにより競争優位性を確保しようとするVANTIQの利用顧客から素晴らしい評価をいただいています。」

Garterの購読者はこちらから詳細レポートをご覧いただけます。Garter詳細レポート

VANTIQについて

ビジネスのリアルタイム化を可能とする、VANTIQはビジネス活動をアジャイルに対応するためのデジタルトランスフォーメーション用アプリケーションを迅速、簡単に開発できる唯一のダイナミックプラットフォームを提供します。VANTIQは、2015年にテクノロジー業界で豊富な経験を持つ著名なMarty SprinzenとPaul Butterworthによって設立されました。VANTIQは最新のデジタルアプリケーションにより、ミッションクリティカルなビジネスに対し、市場投入期間を劇的に短縮し、開発と保守コストを大幅に削減し、絶え間なく変化するビジネスニーズに最大限柔軟、機敏に対応できるメリットを提供します。

メディアコンタクト:

Dana Dye   +1-415-928-1310   ddye@vantiq.com

[1] Gartner: “Cool Vendors in Application Design and Development,” by Adrian Leow, Rob Dunie, Jason Wong, Marty Resnick, May 4, 2018

主な資料
データシート
VANTIQアプリケーション・プラットフォーム・ データシート
リアルタイム、イベントドリブン型アプリケーションを構築するためのVANTIQプラットフォームのハイレベル技術概要
ホワイトペーパー
リアルタイム・コラボレーション・システム
このホワイトペーパーでは、リアルタイムコラボレーションの事例を紹介します。そして、それがなぜまさに起きようとしているかについて説明します。

VANTIQについて